2016年11月23日水曜日

勤労感謝の日

クリスマス一色なこの国の世間ですが

彼の国ではその前に感謝祭ですよと

2年間ご苦労さまと百式にサンクスギビング

2ヶ月の長丁場やっと終わって引取に平塚デラへ

預けたときはまだ猛暑日だったのに雪が降りそう
塗装が剥げたアウターチューブをカシマコート

旧車っぽく艶味を抑えた渋色アルマイト加工

スタビも揃えなくちゃおかしいだろと追加施工で

予算は新車の原付二種を超えるほど膨らんだ

そのために四号を延命処置でがんばってるし
おまけでもらったキャンペーンTシャツがうれしい

キャリパーもOH錆びていたボルト類も交換した
ピストンやダストシール類も新しくなった

新品交換したときのローターの厚みと

戻りきれないピストンのせいなのか

気になっていた引きずりも全くなくなった

新しいダストシールは黒いゴム

付いていたダストシールは白く

ブレーキオイルで痛みやすいらしくて

弾力が落ちて役目を失いやすいそうだ

そういえばメガモトもオイル漏れでOH

純正部品も中華が増えて信頼性が低い


インナーチューブは再メッキして鏡面化です

剥離下地仕上げとメッキも時間がかかった

中身は全部新しくしたので動きがまだ固い
流行のチタンコーティングとかどうなのよって

シール類はメタルが使われているのだそうで

コストパフォーマンスより違う意味で見た目重視

固さが馴染んできたらまたフォークオイル交換

壱号のサスもオーバーホールしたいし

そろそろ正立サスのオイル交換スキル思い出すか

昔はブレーカーもなくてモトクロスタイヤ交換してた

今は体力と金はないが時間はあるというか

あれもこれもできるほど体力と金がなくなった

壱号で挑戦して四号で練習していつかは・・・


リヤサスもアッセンブリーはもうないらしくて

後ろだけ高級ブランドにしても前後バランスどうなのよって
スプリングだけ流用してショックを換えた

フワフワしたへたり感はしなくなった

RSのリヤサスはのび側も重要なのだ

ブレーキラインをキレイにしたら
くたびれたオイルラインが気になり始め

これくらいはオイル交換がてらやるべと

予算が尽きてしまったので部品を注文
バンジョーボルトの値段が高くて思案中

既存のボルトを磨いて塗装するかやっぱ買うか

寒気に備えてアンダーカウルを装着しなければ

そのまえに3カ所のオイルとフィルターも交換だ


車検は1ヶ月ずれて11月中旬になった

見た目は全く変わりませんがよく見ればきれいになった

カスタムと言うよりはレストアだけど満足度高し

それなりに動いてるけど貯まり貯まった不満解消

旧車はこんなもんかとあきらめていたステム周り

新車の時はこうだったと足回りが蘇りカチッとした

転がり抵抗も減ったような気がするぐらい快調だ

エンジンは同調だけオイルも換えていないけど調子いい

それでは海岸線をのんびり流そうかと思っていたが

北北東の冷たい風が雨雲を運んできそうな雲行き

夜半から雪な予報にショートカットして帰宅する




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントしてね