2016年8月29日月曜日

温故知新

明け方まで涼しかった空気が蒸れて暖かい空気と

押し合いへし合いときより強い雨がふりだして雷注意報


今年のキーワードなのか雑誌でよくみかける言葉


キャンピングガスのランタンは濡れるとホヤが割れてしまった

雨粒でビシビシ割れていくホヤを眺めながら部品代を考えて
明るさが正義とされていたオートキャンプの時代

販売当時メッシュが細かすぎて暗くて不人気だった


星空を眺めるにはちょうどいい明るさというか暗さ


燃料系のランタンの燃焼音で静けさが台無しだ

やっぱキャンドルランタンで充分なんだろうか?


はじめて買ったのはエバニューの家型ランタン
窓に使われているのは熱に強い雲母だったが

いまや交換部品も手に入らなくなっている

UCOも持っていたはずだがよく転がっていた



品揃えも多彩で選び放題な今の世の中

どれを選んで良いかわからなくなります

毎年変わる流行で短命の割に高価な

世間の流行を追わなくてもいいんじゃない

あるのでいいじゃんと今日も倉庫をひっくりかえす







0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントしてね