2016年10月26日水曜日

ふじさんぽ

仕事が終わる頃には止むと思っていた

カッパを着なかったら気持ちが萎んだ

夜明け前雲ひとつない空に三日月が観えた

燃料が残り少ないのはわかっているけれど

どこまでいけるか給油しないで16号を下る
久里浜手前のコンビニで明るくなってきた

フェリーに乗って金谷に渡るのも悪くない
寒くない暑くない風ない車少ないバイク日和で

海沿いのカーブをボクの赤いバイクで曲がれば

抜かず煽らず煽られず自分ペースで秋は終わる
何処行こうじゃない何処まで行けるか

残り少ない燃料は冒険への隠し味だ

今日はのんびり行き当たりばったり
公園キャンプしているライダーがいた

雨の中のキャンプはご苦労さまなこと

安房崎灯台だろうか宮川橋で一服して
道が乾いてくるのを畑仕事のおばちゃんと待つ

道なりに進めば城ヶ島への橋と蜻蛉のお出迎え
お日様をコンパス替わりに東西南北

海沿いを目指せば迷い込む大根畑か?
舗装が途切れたらどうしようかなと

軽トラが行けるんだから行けるはず
雨上がりの農道で泥だらけの壱号

なんとなく三戸浜からのふじやま
ここまでは海も静かな釣り日和

ここどこやねん神奈川県
ODD150kmでリザーブに入ったけど

リザーブで何km行けるかその気にさせる

空になったらそんときゃそんとき押せばいい

削れた体力を再確認するのもいいだろう

壱号の体重100kgは伊達じゃない

わかってる5kmも押せばヘトヘトだ

セルフじゃない全農のスタンドで給油

洗浄効果を期待してたまにはハイオク
ちんたら下道なかなか好成績な燃費

2ストオイルが点滅を始めて目障り

点滅から点灯しても100km楽勝

10代の想い出がある佐島マリーナ
あの頃原付で迷い込んだ静かな漁港

そんな佐島マリーナからのふじやま

立石公園からのふじやま
なんだかうねりが波乗り日和

二輪の駐車場は斜めで隅っこ
止め方に注意してねときたもんだ

誰もいないから砂浜に降りてみる
波の音しか聞こえないプライベート浜

唄ならサザン映画なら海街ダイアリー

朝から公園の利用状況調査をしていた

おじさんに有料化も間近かもなどと世間話

小坪トンネルは工事終わって交互通行ないよ

そんな情報を得て江ノ島まで行ってみるかと

134号を葉山逗子鎌倉経て稲村ヶ崎七里ヶ浜

小坪や稲村のシークレットにも波が入っている

渋滞も苦にならないスリムな壱号でサイトシーイング

観光地江ノ島からは人も車もバイクも多く被写体ならず

休憩して折り返して鎌倉から朝比奈経由でお昼前に帰宅

お疲れさまと缶ビールを空けてひと眠り

あぁきぼちよかった



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントしてね